保育参加とは?1歳児の保育園の過ごし方

超ネガティブ母、ハル子です。

突然告げられた「保育参加」なるもの..

子供たちと半日一緒に過ごすということで

我が園での保育参加の流れと感想をお伝えします!

保育参加のスケジュール

息子の通う保育園での保育参加は半日、

つまりお昼寝する前まで一緒に過ごす形でした。

●スケジュール●

8:45 息子と一緒に登園

9:00 朝の会&お歌

9:30 午前のおやつ

10:00 外遊び

11:00 お昼ご飯

11:50 面談~子供と一緒に降園

保育参加の持ち物は?

保育参加では以下持ち物と服装の注意事項がありました。

●持ち物

  • エプロン
  • コップ(保護者が使うもの)
  • お箸(保護者が使うもの)
  • 給食費 300円

●服装

  • 動きやすい服
  • 汚れてもいい靴
  • 帽子(夏開催だったため)

お昼を一緒に食べられるといってもタダではありません笑

コップ&エプロンは実際に使うことはありませんでした。
※コップは園のもの、エプロンは特に使う場面なし

クラスによっては使ったのかもしれませんね。

とはいえ、持ち物はご迷惑とならないようすべて持っていきましょう。

保育参加の感想

すごい。

ねこくん
ねこくん
いや、簡単に言いすぎでしょ
それ以上の言葉がいらないくらいすごいんだよ!
ハル子
ハル子

とにかく、先生方には尊敬の気持ちしかありません。

十数人の1歳児を、複数人で見ているとはいえ、

とんでもない視野の範囲&気遣い&素早さです。

私が感動したのはこちら。

朝の会がすごい!

朝の会ってなんだ?小学生でやった記憶はあるけど..

と思いつつ、朝の会をやるとのことで子供と座っていると

今日の日付&天気を身振り手振りで楽しく言葉にする。

ねこくん
ねこくん
いや、なにがすごいの?

いやいやいや!

1歳児ですよ?!こんなにしっかり朝の一日を始めるの?!

と思ったのです。

先生

「今日は、〇月●日△曜日♪お天気は~~?キラキラキラ~~晴れ(ニッコリ)」

「お天気が良いので、お水遊びができるね!楽しみだね♪」

保育園、なめてました。

こういったお集まりみたいのはなく、

楽しく遊んでいるくらいにしか思っていなかったので、衝撃的でした。

この後も、ひとりひとりお名前を呼んで、

お休みの子は、

先生

「〇〇ちゃんは~~?お休み」

「家族でお出かけに行ってるんだって~!楽しそうだね♪」

といった具合で、しっかり全員分点呼。

どおりで、名前を呼んで「は~い」とできるわけだ
ハル子
ハル子

そして、先生のピアノでみんなでお歌を2~3曲。

これは小学生もびっくりのしっかりとした朝の会です。

果たして、自宅保育でここまでのクオリティで日々を過ごさせることができるか..

まったく自信がありません笑

この後も、区切り区切りで本の読み聞かせやお歌を歌って

子供たちも、次の行動への切り替えがしっかりできているようでした。

先生の視野が広い

特に主任の先生。

息子が通う保育園では、0歳児と1歳児が同室で、

主任は0歳・1歳の兼任?のようです。

体制まではわからなかったけれども..
ハル子
ハル子

とにかくこの先生がすごい。

1歳児を見る傍ら、0歳児の先生の行動までしっかり見ていらして、

「それはあとでいいから、こっちをやらないと!」

などと、しっかり指導。

いや、もちろん、それがお仕事なんでしょうけれども、

もはや、小さな怪獣と化している1歳児をしっかり相手しつつ、

後ろにいる0歳児の先生の動作を確認できるのは、

最早、背中に目でもついているのかと思うレベルでした。

また、夏の時期ということもあって、水分補給の時間もしっかり管理。

外遊びの時は15分ごとに休憩&水分補給をしており、

土日の我が家の散歩よりもしっかりしていると反省もしばしば..

かつ、クラス全員の顔や性格、体調だけでなく、

保護者までしっかり覚えていらっしゃるとは、もう神業だと思いました。

給食の味がしっかりしている!

離乳食のころから薄味を心掛け、

入っているのかどうかわからないレベルの調味料しか使っていなかったのですが、

給食をいただいて、衝撃を受けました。

めっちゃ味ついてる・・!

むしろ、今までよくぞ母が作る激薄ご飯を食べてくれたなと

息子への感謝の気持ちとともに、罪悪感も少々出てくるレベル..

もちろん、味が濃いというわけではなく、

大人が食べてもしっかりおいしいと思えるレベルで味がついている程度で、

駅ビルなんかに入っている体に優しい味わいの定食屋さんといった感じです。

この日をきっかけに、

息子のご飯も大人と同じ少し薄めの味付けに変更したのは、

言うまでもありません。

待機時間はどうしても長い

もちろん、すべてが良いことではありません。

とはいえ、これは集団生活においては切っても切れない問題。

要所要所の待機時間が長い

(個人のペースには合わせ切れない)

ねこくん
ねこくん
それは入園前から分かっていたことでしょ

それはそうなのですが、

保育参加の日は夏の日差したっぷりの8月中旬。

定番の水遊びをしたのですが、

そのあとは、ひとりひとりシャワータイムでした。

ひとりひとりシャワーをしてくれること自体感謝ではあるのですが
ハル子
ハル子

ただ、どうしても時間がかかることなので

順番によっては数十分濡れたまま、

空調の効いた室内で待つことに。

こりゃ、風邪の一つ二つ、引いて当たり前だと思いました。

この時間を短縮されることなど困難だとは思うのですが、

ほんの少し心苦しい気持ちになった瞬間でもありました。

まとめ

最後は少しマイナスの面もお伝えしましたが、

それ以外は、本当に感謝と尊敬であふれる一日となりました。

と、同時に息子がどのようにして1日を過ごしているのか、

大まかでも体験できたことは、とても有意義な時間だったとともに、

明日からも安心して仕事に行けるなと安堵の気持ちが大きくありました。

たった1年しか生きていない、未熟な子供たちを、

ここまで高いレベルで保育してくださっている先生には、

とても足を向けて寝ることはできません。

ねこくん
ねこくん
幼児保育無償化なんてしている場合ではないのでは

むしろ、先生のお給料と待遇をあげるべきだよね
ハル子
ハル子

難しいことはわかりませんが、

保育士の方々もがっこくの先生と同じくらい、

むしろ、こんな幼い命を守るお仕事として、

もっとお給料を上げるべきだと心の底から思いました。

…と、私見失礼しました。

もしも、通っている保育園に保育参加があれば、ぜひ参加してください!

たくさんの発見と感謝の気持ちでいっぱいになり、

また、子供たちの頑張っている&楽しんでいる姿は、

明日からの仕事への活力となるはずです。

もちろん、良いことばかりではないと思います。

園側も、やれること、やれないことはあると思いますが、

保育参加を通して先生と保護者も信頼を築き、

園に通うみんなが、風通しの良い関係になれると良いですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする