私が試してきた赤ちゃんのぐずり対策

超ネガティブ母、ハル子です。

赤ちゃんの泣き声って精神的にツラいときもありますよね。

泣くのが仕事とはいえ、常に寝不足のママには堪えると思います。

我が家も、歩けるようになるまではぐずってしまうことが多くありました。
そんな私が試してきた対策法をご紹介します。

とにかく、よく泣く&声が大きい

魔の3週目、黄昏泣き、眠い泣き…

色々言われてますが、とにかく息子はよく泣く。

基本的にビビりです。

ちょっとでも体勢を崩したり、いつもと違うことがあるとすぐ泣きます。

特に場所見知りが激しく、家や慣れてる空間以外のところでは、不安なのか泣くことが多いです。

ねこくん
ねこくん
ぼくみたいだね
ねこくんも家じゃないと落ち着かないもんね
ハル子
ハル子

そして、何が一番ツラいって声の大きさです。

とにかく声がデカい。

お腹から思いっきり声を出してる感じてす。
将来は歌手でしょうか…笑

そんな訳で、どうしてもイライラしてしまうことがあります。

分かってます、息子は何も悪くありません。むしろ、一生懸命感情を伝えてくれてます。

しかし、私も未熟者。
全てを抱き締めてあげられるほどの器が出来ておらず、苦しみました。

という訳で、色んな対策をした内、効果があった?ものをご紹介します。

くずり対策1 外に出る

これは今でも効果的です。

場所見知りだから、家が好きなのかと思いきや、そうではないのでしょうか。

とはいえ、母子共に空気を入れ換えることは大事です。

何も靴を履いて出なくても良いです。
ベランダでも良いのです。

外の空気を吸う。

お互いに少しリセットされます。

生後3ヶ月頃は、ベビーカーでないとお昼寝してくれない時もありました。

今はベビーカーではお昼寝しないですが、しょっちゅう外に行きたいと訴えられます。

もちろん、雨天決行です。

傘を差して、抱っこ紐でお散歩。

でも、これはこれで良いものです。
雨の音も楽しいのか、とーーーーっても静かに景色を眺めています。

ただの住宅街なんですけどね笑

母も暫しの静かな時間に癒されます。

止まることは許されないので、コンビニコーヒーを片手にウロウロ。
歩いて景色が変わるのが楽しいのでしょうね。

その後、家に帰れば少し落ち着いているので、多少泣かれてもなんとかやり過ごせます。

機嫌が悪いときは午前と午後1回ずつお散歩することがあります。
時間は小1時間くらいですかね。

外に用があるときは2時間くらい出ることもあります。

ぐずり対策2 お茶を飲ませる

あんまり泣きすぎてると拒否されますが…

ぐずぐすしていることが長いときは、水分補給で一段落です。

お菓子をあげると本人は喜ぶのでしょうが…

不定期におやつにするのは虫歯のリスクもありますし、泣けば貰えると思われるのも嫌なので、我が家では与えてません。

水分補給でしたら、泣いていて疲れもあるのかゴクゴク飲んで、切り替えられる時もあります。

長期戦になると、ほんの一瞬でも泣き声が収まるだけで、一息付けるものです。

ぐずり対策3 時間を限定してテレビに頼る

これはあまりしたくないのですが…
最も効果的になってしまうのです。

視力低下の心配もありますし、コミュニケーション不足の問題も気になります。

ただ、あまりにヒドく泣いていて、何をしてもダメなときは、頼っても良いと思います。

我が家ではこんなルールを設けてます。

  • 1回につき30分まで
  • 午前午後1回程度
  • 見せっぱなしではなく、声を掛けること

必ず守るという訳でもなく、ゆるーくやってます。

息子が体調崩すと、さらに不機嫌でどうしようもない時間が増えるので、守れないことも。

ただ、ある程度の指標があった方がメリハリがついて良いのかなと思います。

我が家では、大好きなしまじろうか録画している、おかあさんといっしょ、いないいないばぁを見ています。

いやー、しまじろうは神です。
しまじろう大先生です。

こっちが心配になるくらい釘付けです。

しまじろう大先生曰わく、DVDの内容は一点に視線が集中しないように構成に工夫がなされているそう。

だから良いって訳ではないですが、他のものを見せるくらいなら、知育にも繋がるかもしれないし、と言い訳しながら見せてます笑

ねこくん
ねこくん
テレビって面白いよね~
親はすっかり見なくなっちゃったけどね
ハル子
ハル子

私も超テレビっ子で、見てなくても付けっぱなしでないとソワソワしてしまう質だったのですが、息子の影響でテレビが付いていないことに慣れることが出来ました。

本当はダラダラ付けないのが正解なんでしょうね。

メリハリをつけて、母の精神衛生を保つためにも、上手にテレビとお付き合いしましょう!

何事もそこそこにするのが良いのです。

ぐずり対策4 嵐が過ぎるのを待つ

まぁ、こんだけやってもダメなものはダメですよね。

ねこくん
ねこくん
この記事のタイトルわかってる?!
諦めるって言う対策だよ!汗
ハル子
ハル子

ここは仏になるしかありません。
受け入れましょう。

でも、イライラが爆発してはダメです!
ニュースになってはいけません。

どうしようもないときは、安全を確認して離れて一息つきましょう。

最近気付いたのですが、イライラしてるときって呼吸が浅くなるんですよね。

なので、ゆっくり呼吸する事をおすすめします。

そうすると少し冷静になれます。

感情的になにかをしてしまうことは、何も生みません。
忙しい日々だからこそ、ゆっくりゆっくりです。

※自分にも言い聞かせてます笑

泣きたい日もあるんだなー
おしゃべりしてるのかなー

相づちをしながら、抱っこでユラユラ。

一生泣いてるということはありませんので、時が過ぎるのを待ちましょう。

どうしてもダメなときは、周りの人に頼ってください。

家族も頼れない、知人にも言えない。
そんなときは、行政にも味方はいます。

自治体によって異なるかとは思いますが、産後に担当の保健師さんが付いてくれます。

電話してみても良いと思うのです。

幸いなことに、私は家族が近くにいる環境でしたので、お世話になったことはないのですが…

ひとりで抱え込むよりも、口にして、言葉にして吐き出すことはとても大切なことです。

母の笑顔が息子の笑顔です。
自分の幸せも大切にしていいんですよ。

●まとめ 私が試した赤ちゃんのぐずり対策

結局、対策という対策を伝えられたのか不安ですが…笑

頼れるものは頼っちゃいましょう!
子育てはみんなでするものです。

なにかの記事で見かけたのですが、人類は子孫繁栄のため、母だけでなく、他の人でも赤ちゃんの面倒を見られるように進化してきたそうです。

だから、産後にイライラして母子分離が出来るようになってるそう。

であれば、イライラすることって何にも悪いことじゃないんですよね。

だってDNAに刻まれてしまってる訳ですから。

イライラしてる自分も、泣きわめいてる息子も、全部許せるように成長したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする