我が家の教育資金の貯め方

超ネガティブ母、ハル子です。

教育資金、どうやって貯めようか悩みますよね。
子供にかかる教育資金は1500万とも言われています!!

ねこくん
ねこくん
家買えちゃうよー汗
宝くじ当てたい…本気で
ハル子
ハル子

色々悩んだ我が家の教育資金の貯め方をお話します。

学資保険は入らなかった

一昔前は、

学資保険に入るべき!

と言われていたようですが、今はそうではないと思います。

一番の理由は利率。

学資保険の加入は検討しましたが、当時、どんなに良くても、108%前後でした。

超低金利時代、銀行に預けるよりかはマシな数値だと思います。

しかし、長時間お金を拘束されるのにも関わらず、数万円しかお金は増えません。

我が家の考える学資保険のメリット、デメリットです。

・学資保険のメリット

1、強制的にお金を貯められる
2、銀行に預けるは利率が良い
3、簡単には解約出来ない
4、親が死亡した場合、契約内容は変わらずに、保険料の支払が免状される

・学資保険のデメリット

1、長期間お金を拘束される
2、大したお金は増えない
3、家計が辛い時期も払い続けなくてはならない
4、途中解約した場合、元本割れする

超ネガティブな私は、お金を貯めるのが趣味です。

貯蓄用通帳が大好きです。

ねこくん
ねこくん
数字か増える度の喜びね!

あまり貯金に自信がない方は迷わず学資保険をオススメします。
拘束性という意味では、とても強い味方になると思います。

しかし、我が家の場合は、自分達で強制できる性格でしたので、この様に考えました。

★子供が留学や専門職を目指すなど、教育資金が必要な時期が一般と異なる場合でも、柔軟に対応したい

★親が死亡した場合、未来の数百万より、死亡したその時の方がお金は必要なのではないか

★万が一、家計が苦しくなって、学資保険を解約しなければならないときの元本割れはもったいないのではないか
※その時の生活資金確保の方が優先なのではないか

簡単に言うと、教育資金には確実性と柔軟性が欲しい、という結論になりました。

学資保険以外の教育資金の貯め方

お得意のGoogle大先生に質問してみると、こんな記事を見かけました。

月1万円×3プランを実行するだけで、合計750万円も貯まります。

引用:子どもの教育費の貯め方はどうする?月3万円貯金が未来を作るカギ

児童手当プラス月3万円で750万円!
それぞれの貯め方によっては利率次第でもう少し増えるのではと思います。

ねこくん
ねこくん
しかし、それを捻出するのも一苦労
苦しいときは、お休みしても良いと思うんだよね
ハル子
ハル子

・月3万円の貯め方は?

我が家では、月3万円の貯め方はこのようにしました。

○1万 現金預金
安心安全の現金です。増やすことは出来ませんが、確実性を取りました。

○1万 つみたてNISA
超ネガティブな私には投資信託なんて怖いと思いましたが、月1万円ならと始めました。
つみたてNISAは利益分に税金が掛からず、商品も金融庁が選んだ優良商品ばかり。
途中引き出しも、もちろん可能です!

今のところ、多少の変動はありますが、つみたてNISAは長期的な投資。

長期的にコンスタントに投資することで大きな損失を避ける事が出来るそうです。
※私も初心者なので気になる方はGoogle大先生へ笑

定期的に確認しつつ、お金を増やしていけたらと思います

○1万 旦那の終身保険
最初は保険会社の人にドル建て保険を勧められましたが、不安定なのはもちろん、ドルから円に両替するときの手数料などが気になり、加入しませんでした。

そこで、旦那が今の会社に入社してから積み立てている終身保険に目を付けました。

息子が18歳になる頃には、元本割れせず、利率も学資保険と変わらないことが発覚。
ちょうどいいや!と思い、こちらをそのまま活用することにしました。

ねこくん
ねこくん
旦那の保険を横取りしちゃったのかい
まぁまぁ!使わなかったらそれで良いんだから
ハル子
ハル子

そう、この月3万円の良いところは、仮に教育資金で出番がなかった場合、まだ見ぬ二人目、もしくは老後資金に転用できるのです。

ちなみに、預金口座はSBI銀行を使っています。

つみたてNISA用に開設したというのもありますが、なんと口座が目的別に6つまで分けられます!

それぞれ名前を付けて管理しており、貯金の目標数値を設定することも出来ます。

目標数値に対しての達成率、入金額の前月比なども表示されるので、貯金大好き我が家にとっては楽しく貯められています笑

●まとめ 我が家の教育資金の貯め方

ということで、学資保険には入らず、児童手当と月3万貯金を実施しています。

消費税の増税
社会保障負担の増加
オリンピック後の不景気懸念…

正直、明るい未来とは言えませんが、お金に柔軟性も持たせ、情勢に合わせて息子たちの未来を応援できるよう頑張りたいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする